2011年05月08日

五所川原の「だだん」〜津軽三味線が聴ける飲み屋(1)

エリさんは、高校まで住んでいた故郷の五所川原に着くとすぐ、お目当ての「だだん」に行きました。

今回は、三村英利子とは名乗らずに、同行者名で予約。

初めての訪問です。

まず出てきたお通しは、ツブ(バイ貝)の煮たもの。

それから、お奨めが、本ツブ貝のお刺身だったのでそれを注文。

110504_1911~01.jpg
桜の花も添えてあります。粋な心配り。

また、聴酒屋と称するだけあって、日本酒の種類が豊富です。

110504_1910~01.jpg
さっそくエリさんと、地酒で乾杯!!

それから、十三湖のシジミ料理と、これも名物の馬肉を頼みました。

110504_1842~01.jpg
馬肉は、霜降りだけでなく、レバーもありましたよ。

110504_1842~02.jpg
シジミは目の前で蒸し焼きにします。バター味とにんにく醤油味を注文しました。ほかにクリーム煮もありました。

19時を少し回ってから、津軽三味線の演奏が始まりました。とても迫力があります。

110504_1929~01.jpg

(つづく)



関連ランキング:居酒屋 | 五所川原駅津軽五所川原駅



お店の場所の詳細は、
立佞武多(タチネブタ)の館の道路を挟んで向かい側です。





【送料無料】津軽三味線 高橋竹山の世界

【送料無料】津軽三味線 高橋竹山の世界
価格:2,520円(税込、送料別)



posted by shitterumon at 14:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 五所川原のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

聴酒屋「だだん」
Excerpt: 津軽三味線は引くというより打つまたはたたくという表現があっているほど力強さがあります 。 五所川原市で津軽三味線を聴かせる聴酒屋「だだん」。 居酒屋とは言わず、聴かせてお酒を飲ませる聴酒屋..
Weblog: のたまのフォトブログ
Tracked: 2011-09-04 18:34
にほんブログ村 トラコミュ 江古田情報へ
江古田情報
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 クラシックブログ オペラへ

ピアノが弾ける店 リングラツィオ ringrazio  〜Musica Live〜 http://www.ringrazio.co.jp/   

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へにほんブログ村 クラシックブログ オペラへにほんブログ村 酒ブログ ワインへにほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へ

関連ランキング:イタリアン | 江古田駅新桜台駅新江古田駅

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。