2011年05月07日

弘前公園さくらまつり

今年築城400年目を迎えた弘前城跡の弘前公園は、まだ桜の見頃が続いているようです。

 弘前市民が作る情報サイト FREE CMの桜特集コーナー
 http://sakura.free-cm.com/

弘前公園の桜祭りは、当初5日まででしたけど、明日まで開催しています(実施期間:平成23年4月23日〜平成23年5月8日)。

 平成23年 弘前さくらまつり情報
 http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kanko/matsuri/h23haru.html

ところで、弘前公園の桜は、どのようにして、こんなに素晴らしく沢山植えられたのでしょうか?

市役所のサイト
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kanko/matsuri/haru1.html
に歴史が書いてありました。

 桜は、正徳5年(1715年)に、津軽藩士が京都から25本の苗木を持ち込み、城内に植えたのが始まりと伝えられています。
明治になって、荒れ果てた城内を見かねた旧藩士・菊池循衛が、明治15年(1882年)にソメイヨシノ(吉野桜)1,000本を植栽しましたが、「神聖な城内で平民こぞって桜見物など許さん」と、一部の士族の迫害を受け、苗木が抜かれたり枝が折られたりしました。しかし、それも沈静化し、明治30年に再び1,000本が植栽されました。
 その後も市民の寄付などが続き、大正に入るとそれらがいっせいに咲き揃い、見事な風景を展開しました。弘前市で大正5年(1916年)に始まった夜桜見物は大変な盛況でした。それを受け、大正7年からは商工会が「観桜会」としてスタートさせ、昭和36年(1961年)から名称を「弘前さくらまつり」と改め、今日に至っています。


弘前観光コンベンション協会
http://www.hirosaki.co.jp/htcb/sightseeing/fes/sakuramatsuri.html

ライブカメラ
http://view.aomori.isp.ntt-east.co.jp/livecamera/hiro_sakura/


▽こんなサービスもありましたよ。

手ぶらで観桜会
http://sakura.hirosakipark.jp/



posted by shitterumon at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | └ 旅行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 トラコミュ 江古田情報へ
江古田情報
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 クラシックブログ オペラへ

ピアノが弾ける店 リングラツィオ ringrazio  〜Musica Live〜 http://www.ringrazio.co.jp/   

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へにほんブログ村 クラシックブログ オペラへにほんブログ村 酒ブログ ワインへにほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へ

関連ランキング:イタリアン | 江古田駅新桜台駅新江古田駅

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。