2011年02月13日

ジョアンとジョビンとイパネマの娘

【ジョアン・ジルベルト】
「ボサノヴァの神」、「ボサノヴァの法王」といわれる。
ナイロン弦アコースティックギター(ヴィオラン)をバチーダという弾き方で奏でる奏法を発明した。バチーダは、サンバのリズムをギターだけで表現するもの。

【アントニオ・カルロス・ジョビン】
「ボサノヴァの父」と呼ばれ、空港の名称にも名を残す。
ヴィニシウス・ヂ・モライス(Vinicius de Moraes)と共作の「想いあふれて」(Chega de Saudade)をジョアンに提供。ボサノヴァのムーブメントを起こす。1962年、モライス作詞で「イパネマの娘」(Garota de Ipanema)を作曲。

1964年ジョアンの妻アストラッド・ジルベルトが「イパネマの娘」を英語で歌い、アメリカで爆発的なヒット。その後アストラッドは、ジョアンと離婚。

ジョビン、モライスなどのボサノヴァ・アーティストたちは、リオデジャネイロのイパネマ海岸近くにあったバー「ヴェローゾ」によく出入りしており、その際にみかけた娘エロイーザからインスピレーションを得て、「イパネマの娘」を作る。

バー「ヴェローゾ」は、のちにこの曲にちなみ「ガロータ・ヂ・イパネマGarota de Ipanema」と改称された。



posted by shitterumon at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボサノバ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 トラコミュ 江古田情報へ
江古田情報
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 クラシックブログ オペラへ

ピアノが弾ける店 リングラツィオ ringrazio  〜Musica Live〜 http://www.ringrazio.co.jp/   

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へにほんブログ村 クラシックブログ オペラへにほんブログ村 酒ブログ ワインへにほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へ

関連ランキング:イタリアン | 江古田駅新桜台駅新江古田駅

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。